食の総合ディストリビューターを目指す


 外食産業繁盛塾
 
■ 外食産業繁盛塾とは
■ 次回繁盛塾情報
■ 参加お申込はこちら
■ これまでの繁盛塾



168
外食産業
繁盛塾
『カラダに優しい『野菜スイーツ』で女性の別腹を満たす!』
〜パティスリー「ポタジエ」に学ぶ魔法のスイーツ〜

開催日時  2008年5月21日(水) 12:30〜16:00
場所  ホテルメトロThe21 2Fメトロホール


 今回は、2006年に中目黒で日本初の野菜スイーツ専門店をオープンし、マスコミでも超話題のお店となっているパティスリー「ポタジエ」のオーナーパティシエ、柿沢安耶氏に、野菜スイーツの魅力や人気の秘訣をお話しいただきました。
 フレンチのシェフとしてスイーツ作りの経験もあった柿沢氏は、ケーキを作るときに入れるバターや砂糖の量に驚き、体に良いケーキというものができないかと考えていたそうです。実際に野菜スイーツを始めたきっかけは、オーガニックレストランでお客様から「彼女の誕生日にびっくりするようなケーキを作ってほしい」という要望をいただいたところからはじまるそう。そうして出来上がったのが、コマツナ入りのグリーンのスポンジにトマトをはさんだ
『グリーンショート・トマト』。ポタジエでもオープン以来、一番の人気商品です。

自らがベジタリアンという柿沢氏

ポタジエで実際に販売されているケーキの数々 左から
「ルッコラゼリー&黒ゴマ豆乳ムース」、「キャロットチョコフラン」、「グリーンショート・トマト」、「フォンダン・ゴボーショコラ」
 柿沢氏が野菜スイーツを作る上で大事にしているポイントは、「いくら体に良くても美味しくなければ意味がない」ということ、そして自分の目で確かめた安心・安全な野菜を使う、ということだそうです。収穫に立ち合ったり、農家と取り組んで野菜のパウダーを作ったりと、積極的に生産者とのつながりを持つ活動をされています。
 生産者と消費者両方に触れることができる立場になって知ったことは、
消費者は野菜がどうやって作られているかをあまりにも知らないということ。それを伝えるために柿沢氏はスイーツを通して野菜の魅力を伝えているのだと、講演の中で語ってくれました。

会場は柿沢氏の話を聞こうと超満員!6割が女性のお客様でした
 その後、実際にお店でも販売しているポタジエの野菜スイーツ、そして協賛企業と岡山フードが考案した野菜スイーツを試食していただきました。

<ポタジエの野菜スイーツ>

(左上から)
1.フォンダン・ゴボーショコラ
2.ベジロール・トマト
3.コマツナとゴマの
     パウンドケーキ
4.タマネギクッキー

 集まったお客さんからは、「どの野菜からどんなスイーツを作るか、考える時のポイントはありますか?」「収穫量が安定しない野菜をどうやって生産対応していますか?」など多くの具体的な質問が寄せられ、野菜スイーツへの関心の高さが感じられました。この先、あちこちで野菜スイーツにめぐり合えるようになるかもしれませんね。
 
↑協賛企業と岡山フードからの提案メニューより、左から
「野菜の3色ムース」、「パプリカのファルシ」、「きなこと里芋のケーキ」
←参加者の皆さんからは質問が多数飛び交いました

パティスリー ポタジエ
東京都目黒区上目黒2-44-9
東急東横線・東京メトロ日比谷線中目黒駅より徒歩7分
TEL:03-6279-7753  営業時間:10時〜20時  年中無休

ホームページはこちら ≫




Copyright (C)2007 Okayamafoodservice Inc.
All Rights Reserved.

岡山フードサービス
〒558-0011 大阪市住吉区苅田7-3-10
TEL:06-6695-2900 FAX:06-6608-2941