食の総合ディストリビューターを目指す


 外食産業繁盛塾
 
■ 外食産業繁盛塾とは
■ 次回繁盛塾情報
■ 参加お申込はこちら
■ これまでの繁盛塾



172
外食産業
繁盛塾
「根も葉も生かす!ちこりの未知なる可能性」
〜 丸ごと食せる驚きの新事実に迫る 〜

開催日時  2008年11月19日(水) 12:00〜15:30
場所  ホテルメトロThe21 2Fメトロホール


 今回のテーマは白い花のような野菜「チコリ」。独特の甘みと苦味がさわやかな食材ですが、実はチコリは太い根から生育し、一般的によく知られている葉の部分だけでなく根も工夫次第で美味しく食べることができるという新事実に迫りました。
 特別講演でご登場いただいたのは、岐阜県で大規模なチコリの水耕栽培を行っている
潟Tラダコスモの代表取締役社長、中田智洋氏。28年前、漂白が当たり前だった時代に無添加・無漂白もやしの生産と販売で成功を収めた中田氏は、数年前ヨーロッパ出張中にチコリと出会い、その味と形に一目惚れしたそうです。「フランスでは『ハーブの王様』と呼ばれ、色も形も美しい上に、栄養価も高いんです。日本人の好みにも絶対合うと思いましたよ!」

潟Tラダコスモの熱き経営者、中田氏
以来、日本国内で一から生産することに挑戦し続けられましたが、過去30年日本でチコリ農家が成功したことがないという背景の通り、その道は平坦なものではありませんでした。
 チコリの生産はまず株となる根(ちこり芋)を畑で育てることから始めるのですが、土壌環境や気候、雑草などの影響を受けやすく、思うように収穫量を確保できなかったのです。しかし中田氏の志は高く、
国内でちこり芋から生産することで、休遊地を活用し、仕事のない高齢者優先に生きがいを与え、40%を切る深刻な自給率を少しでも回復させたいという想いがあります。その壮大な目標に向かって諦めず走り続ける中田氏の姿に、当日集まったお客さんからは、「『できるまでやるよ』という言葉に熱い刺激を受けました」「企業理念の強さと重要性を感じました」とのご意見が数多く寄せられました。

当日はちこり芋で作った焼酎や珈琲の試飲も!
 講演に続いての試食コーナーでは、よくサラダや付け合せにされるチコリの葉の部分だけでなく、あまり馴染みのない根の部分まで美味しく食べられる驚きのメニューを多数ご紹介しました。特にちこり芋は近年、含有成分であるイヌリンが糖尿病などに効果があると期待されている食材で、硬くて苦い性質のため、これまで料理にはあまり使われてこなかったのですが、工夫次第で上手に使用できるのです。「栄養成分を付加価値として訴えれば、店でも活用できそうだ」と、お客様は興味津々で、風味を残しつつも全く違う形に変身した料理の数々に舌鼓を打っておられました。

 日本人にもっと親しんでもらいたいという願いを込めてひらがなで表記された、国内産の
『ちこり』・・・その葉と根に秘められた未知なる可能性を、たっぷりと味わっていただけたことでしょう。

@ちこり芋豆腐

Aちこりの根も葉もサラダ

Cちこりの煮込みビーフシチュー添え

Dちこりと帆立のオレンジソース

Eちこり芋変わり衣揚げ

当日の試食メニュー
【 丸ごとちこりのフルコース 】

チコリを水耕栽培した後に残るちこり芋。
カット方法や下処理を少し工夫するだけで、
ほど良い苦味がアクセントになった新食感のお料理に
大変身!


@ちこり芋豆腐

Aちこりの根も葉もサラダ

Bちこり芋ポタージュ

Cちこりの煮込みビーフシチュー添え

Dちこりと帆立のオレンジソース

Eちこり芋変わり衣揚げ

Fちこり芋グラタン

Gちこりの笹舟ライス

Hちこりの塩焼そば

Iちこり芋ジャム

Jちこり芋タルト

Kちこり芋饅頭

Lちこり芋アイス

Mちこり芋ソルベ

Nちこり芋クレープ




Gちこりの笹舟ライス

Iちこり芋ジャム・ファイバーロール

Jちこり芋タルト

Kちこり芋饅頭

株式会社サラダコスモ
 〒509-9131 岐阜県中津川市千旦林1-15(本社)
 
 ↓ちこり料理のレシピも満載のホームページはこちら

 http://www.saladcosmo.co.jp




Copyright (C)2007 Okayamafoodservice Inc.
All Rights Reserved.

岡山フードサービス
〒558-0011 大阪市住吉区苅田7-3-10
TEL:06-6695-2900 FAX:06-6608-2941