食の総合ディストリビューターを目指す


 外食産業繁盛塾
 
■ 外食産業繁盛塾とは
■ 次回繁盛塾情報
■ 参加お申込はこちら
■ これまでの繁盛塾







特別企画
 
第174回外食産業繁盛塾






未曾有の大不況!

ピンチをチャンスに変える

明るい未来の創り方



開催日時  2009年2月18日(水) 13:00〜16:30
場所  ドーンセンター7階ホール


 今回は年に一度の特別企画ということで、この厳しい不況の中でも着実に成果を上げておられるお2人の経営者にご講演いただきました。一人目は名古屋の地より、倒産寸前から見事に立て直し、客室稼働率90%のホテルを築かれた名古屋ターミナルホテル鰍フ代表取締役専務 総支配人、柴田秋雄氏。もう一人は、東京の地より「ダッキーダック」「椿屋珈琲店」など関東で120店舗を展開し33年間増収増益を続ける東和フードサービス鰍フ代表取締役社長、岸野禎則氏
 ピンチをチャンスに変える達人であるお2人のお話から、お店にとって今必要とされている要素やヒントを掴み取っていただくため、そして今後のフード業界のさらなる発展のために、約300名のお客さんが会場に集まりました。

ピンチをチャンスに変える講師陣
倒産寸前から見事に立て直し、
客室稼働率90%のホテルを築いた立役者

名古屋ターミナルホテル
代表取締役専務 総支配人 柴田 秋雄氏

【プロフィール】
1961年、日本国有鉄道(旧国鉄)に入社、民営化してJR東海となった時代を含めて、組合の専従役員を20数年経験。退任後はホテルアソシア名古屋ターミナルに販売促進部次長として着任するも、その後経営危機に直面し、経営陣が総退陣する中、取締役となり、従業員一丸となってホテルの再生を果たす。そして今や稼働率90%を越えるホテルにまで成長。
→さらに詳しいプロフィールはこちら

(写真左から)ホテルアソシア名古屋ターミナル「ロビー」、客室「ツインルーム」、スタッフの皆さん

「ダッキーダック」「椿屋珈琲店」など
関東で120店舗を展開

東和フードサービス
代表取締役社長 岸野 禎則氏


【プロフィール】
慶応義塾大学を卒業後、日本ビクター鰍経て、1974年アミューズメント事業を展開する東和産業叶ン立に携わる。その後フード部門を分社化した東和フードサービス鰍発足、「あったら楽しい・手の届く贅沢」という明確なコンセプトの元、「ダッキーダック」、「ぱすたかん」、「銀座椿屋珈琲店」など、細やかなマーケティングを基に約120店舗を展開、33年間にわたり増収増益を続ける。
→さらに詳しいプロフィールはこちら

(写真左)ライトフードレストラン「ダッキーダック」 (写真右)高級喫茶店「銀座椿屋珈琲店」

ナビゲーター
フードサービスの視点から新しい外食を提案し続ける
飲食業界の予見者

潟tードシステム 代表取締役会長 古田 基氏


【プロフィール】
日本ビクターを経て1976年に厨房機器の輸入総代理店、株式会社フードシステムを設立。ハイテク機器を用いた模範店としてテイクアウトデリカ『キッチントマト』を経営するかたわら、外・中食や流通業界へのコンサルティングや講演活動で全国的に活躍中。

会場では経営者を中心に集まった約300名の皆さんが、熱心に講演を聞かれました。

 ナビゲーター古田氏による講師のご紹介と本日の聞きどころに続き、柴田氏の講演では、JR労働組合からの異動先となったホテル周辺が駅前開発工事で様変わりしていく中、お客さんの足がどんどん遠のき、赤字が膨らんでいく経緯を、悲壮感を感じさせないユーモラスな口調でお話いただきました。
 そんな明るく前向きな柴田氏に引っ張られて、
従業員は自らホテルを救うために動き、改善へと努められたのです。ホテルの入口で和菓子や焼き芋を売ったり、スタッフがサークルを結成して劇や音楽をお客さんに披露したり・・・ホテルという殻を破ってでも、うちでしかできないことをやる!という気概、そして何よりもまず従業員が楽しく幸せになれることを一番に考える柴田氏の経営理念に、当日講演を聞いたお客さんからは「従業員のことを最優先に考えていることに感動した」「柴田氏の仕事に対する情熱とリーダーシップはスゴイ!」「今度ぜひホテルを訪れてみたい」といった感動の声が集まりました。

「すべての活力の源泉は人である」
それが柴田氏の考えの根源にあります。

「今、サービスにおける世の中の基準を作っている
のはコンビニです」と、岸野氏より興味深いお話も。
 続いての岸野氏の講演では今の不況と経済の動き、消費者の考え方など、急速に変わりゆく社会情勢を外食産業の立場から詳しくお話しいただきました。
 33年間にわたり増収増益を続けている東和フードサービス鰍ナすが、100年に一度という未曾有の大不況の中、昨年以来初めて減収の苦しみを味わったこと、そしてその
ピンチにあたってどのように対策を練り、実行しているのかまで、実際の取り組みや数字まで明らかにしてご説明いただき、同じ境遇に悩む外食業界の皆さんからは「サービスに必要な具体的内容について聞けて良かった」「物事の分析・判断能力がすごい。今後の出店の参考になりました」など、より具体的で実践的な内容に大満足の声が寄せられました。
 異なった観点からピンチへの対応方法を語ってくださったお2人の講演は、皆さんのこれからの経営・サービスに様々な良い影響を与えてくれたことでしょう。



Copyright (C)2007 Okayamafoodservice Inc.
All Rights Reserved.

岡山フードサービス
〒558-0011 大阪市住吉区苅田7-3-10
TEL:06-6695-2900 FAX:06-6608-2941