食の総合ディストリビューターを目指す


 外食産業繁盛塾
 
■ 外食産業繁盛塾とは
■ 次回繁盛塾情報
■ 参加お申込はこちら
■ これまでの繁盛塾



179
外食産業
繁盛塾
「インパクト勝負!魅せるPOPで売上UP」
〜 手書きPOPの見せ方・伝え方教えます 〜

開催日時  2009年7月15日(水) 12:00〜16:00
場所  ホテルメトロThe21 2Fメトロホール


 今回のテーマは昨年3月にも実施して大好評いただいた「手書きPOP講座」の第二弾!日本POPサミット協会の副会長、鐵倉れい子氏をお迎えし、より具体的で実践的な『魅せるPOP作り』をご教授いただきました。

 良いPOPが書けるかどうかはその人が持つデザインセンス次第!などとよく思われがちですが、コツ・・・つまり
POPを書く上でのいくつかのルールさえ掴めば、誰でも簡単に書けるのだと鐵倉氏はまず勇気付けてくれました。
 講演の中では、そのルールを具体的に改善前と改善後の例を挙げながら、解りやすくご説明いただきました。
「いつも来てくださるお客様の顔を思い浮かべながら書くと良いですね」と鐵倉氏


<訴求性のあるPOPのコツ>
1.何種類かの太さのペンを使って、文字の強弱のアクセントをつける
2.色数は4〜5色程度にし、1枚のカードに多くの色を使わない
3.紙面の上下左右に余白(ホワイトスペース)を広めに取る
4.文字は寄せてかたまりにして書く
5.金額は右肩か右下に、「円」や「消費税」は数字の半分以下の大きさで入れる
などなど



<イラスト「3Bの法則」>
Beauty(ビューティ)美人・美しいもの
Baby(ベイビー)赤ちゃん・幼児
Beast(ビースト)愛玩動物



今回のために用意してくださった「手書きPOP」のノウハウテキストは、復習用としても活用できそうです♪
 POPの基本からレイアウトのポイントなどを学んだ後は、実際にペンを握っての実習タイムに突入!普段使っているペンとは勝手が違う先の尖った角ペンの使い方を中心に、数字の書き方、読みやすい文字のポイント、筆ペンで味のある文字を書くコツなど盛りだくさんにご教授いただきました。
 その後は
「フルーツロールケーキ」を共通テーマにフリータイムで製作実習。出来上がったPOPは鐵倉氏から直々に解説とアドバイスをいただき、ほんの少し手を加えるだけで、グッと画面が引き締まったり文字が読みやすくなったりする様を実感していただきました。
 
和気あいあいとPOP製作♪
 当日集まったお客さんからは「誰に伝えたいか、何がウリなのかなど、想いの部分も大切だというのが参考になりました」「他の方が書いたPOPをじっくり見る機会はなかなかありませんが、「さらにこうした方が良い」というアドバイスとともに見れて大変勉強になりました」「手書きの良さ、すごく感じました。パソコンではなかなか表現できないことが多いので、大変役立つと思います」などのご意見が集まり、座学から実習までをフォローした今回の内容は、実際に現場でPOPに携わっている方にとって解りやすく、明日からでも活かせそうだと満足していただけたようです。
POP講座応用編として、とても有意義な繁盛塾となりました!


<実習で書いていただいた作品の数々>
「テーマ:フルーツロールケーキ」


鐵倉氏の見本POP。さすがポイント押さえてますっ!

ホワイトスペースが足りなければ後ろに色画用紙を貼る裏技も


注目してほしい部分は文字を太くすれば視線が集まります

ユニークなレインボーカラーの文字は影を入れるとさらに見やすく




Copyright (C)2007 Okayamafoodservice Inc.
All Rights Reserved.

岡山フードサービス
〒558-0011 大阪市住吉区苅田7-3-10
TEL:06-6695-2900 FAX:06-6608-2941