食の総合ディストリビューターを目指す


 外食産業繁盛塾
 
■ 外食産業繁盛塾とは
■ 次回繁盛塾情報
■ 参加お申込はこちら
■ これまでの繁盛塾



180
外食産業
繁盛塾
「大阪冬の陣!トレンド先取り大合戦」
〜 宴会需要を引き寄せるキーワードを探れ 〜

開催日時  2009年9月16日(水) 12:00〜15:30
場所  ホテルメトロThe21 2Fメトロホール


 今回のテーマは「冬のトレンドメニュー」。これから迎える宴会シーズンに向けて、お店では着々と準備を進めておられるかと思いますが、今回は雑誌やインターネット、クチコミなどから岡山フードサービス鰍フスタッフが独自に探った情報を元に、この冬のポイントとなるであろういくつかのキーワードを割り出し、それを当てはめ導き出した新作メニューの数々をご紹介しました。
  基調講演では潟tードシステムの古田会長より「食市場で生まれている新しい可能性」と題して、昨今の外食産業の潮流と今後の指針についてお話しいただきました。情報も食材もあふれ返った飽食時代の今、消費者は本質を見抜く目を持っているので、安売りするのではなく、自店の強みを生かした新たな価値創造が求められています。具体的な取組みの例を挙げながらのお話に、当日参加された皆さんからは「自分の考えていることに、より詳しい肉付けをすることができました」「独自の構想を明確にし、特徴化・特化型への道を考えます」などの積極的なご意見が寄せられました。

いつも基調講演で興味深いお話を
してくださる古田氏

店舗責任者・料理人さんを中心に約9割が男性のお客様。皆さん熱心にお話に聞き入っています。
 その後は最新トレンド情報として、「この冬のトレンドはコレ!キーワードからみるブーム大予想」を、流行をけん引するアラサー(アラウンドサーティー(笑))女性代表ということで、企画室より発表。消費行動から見る女性のタイプや、女性が外食を利用するときの行動パターンなどから、20代30代女性が流行をけん引するとされている理由について分析した内容を説明しました。
 また、戦後以来「食」の歴史が進む中で、
胃袋で食べる時代」「で食べる時代」「で食べる時代」「で食べる時代」と嗜好やスタイルも変化してきましたが、平成以降から現在を「心で食べる時代」と定義付け、今求められているニーズとここ数年に流行したブームや料理から、この冬のキーワードを導き出しました。
 試食タイムでは、講演で紹介したキーワードの組合せから生まれたメニュー、全17品をご賞味いただき、「こういうメニュー開発の手段もあったのか」と、ご好評いただきました。


@カラフルな具材をちこりの舟にのせて

A魚介をたっぷり閉じ込めた透明のテリーヌ

Bロブスターのご馳走感が嬉しい♪

E骨からスルッと身が取れる意外な柔らかさ!

F両手で骨を持ってガブリ!懐かしの古代肉!?

【今回の提案メニュー】

@ローストポークのフルーツジュエリーサラダ
Aブイヤベースのテリーヌ
Bロブスター&アボガドサラダ
C有機野菜の茶葉蒸し
Dデコカラ
Eスペアリブのとろとろ煮込み
F豪君の骨付き肉
Gチョップ・ド・ハンバーグ
H春菊チヂミ
Iたこ焼き
Jうるおいぷる鍋
K魔女鍋
Lたこわさビーフン
Mチョンボッチュク(あわび粥)
Nブルーベリー大福
Oパン粉のスチームケーキ
P豆乳ポンチ



Kバジルペーストを使って珍しい緑色の洋風鍋に

O残ったパン粉を使ってエコ料理


バイキング形式で思う存分試食していただきました!
 今回ご参加の皆さんは男性が多かったので、『女性のニーズや考え方』のお話は、改めてメニュー作りの参考にしていただけたようです。
 古田会長の著書にもある
「女心を知ればメシは食える」という名言を実践すべく、この冬のトレンドをお店からどんどん発信していってくださることでしょう!



Copyright (C)2007 Okayamafoodservice Inc.
All Rights Reserved.

岡山フードサービス
〒558-0011 大阪市住吉区苅田7-3-10
TEL:06-6695-2900 FAX:06-6608-2941