食の総合ディストリビューターを目指す


 外食産業繁盛塾
 
■ 外食産業繁盛塾とは
■ 次回繁盛塾情報
■ 参加お申込はこちら
■ これまでの繁盛塾



209
外食産業
繁盛塾
「『まちバル』に学ぶ!人と街を動かす販促術」

開催日時  2012年7月18日(水) 13:00〜16:30
場所  ホテルメトロThe21 2Fメトロホール


 今回の繁盛塾のテーマは、「まちバルに学ぶ!人と街を動かす販促術」です。
 最近話題の『まちバル』の仕掛け人である株式会社MAKE LINE 代表取締役 川合 善博氏を講師にお招きし、数多くの飲食店の中で勝ち残っていくためには欠かせない、自店の強みを知ることの大切さを今一度考え直し、最も輝かせる販促術を見つけ出すヒントをお教えいただきました!

飲食業界の次世代を鋭く見据える古田氏
 まずは繁盛塾お馴染みの株式会社フードシステム 代表取締役会長 古田 基氏による基調講演です。テーマは「外食市場の中心はベビーブーマー世代からGeneration X世代(30〜50才)へシフト」
 最近の飲食業界は他社の成功例を、まねる傾向が非常に強く、サービスの仕方や仕組み、そしてメニューに個性がない店が多くなっているとのこと。外食好きのGeneration X世代を上手く取り込むことが成功へと繋がる、だから新しい発想を持って需要に応えることができれば確実に利益となると、力強く語られました。
 続いては特別講師の川合 善博氏にご登場いただきました。川合氏はご自身の地元である福島区が、好立地であるにも関わらず知られざる名店がたくさんあることに着目し、まずは知名度の低い野田から多くの人に知ってもらおうと関西で初めての食べ飲み歩きイベント・野田バルを開催されました。『地域活性化』を目的としたこのイベントで重要なのは、人に集まってもらいそこでお金を使ってもらうこと。そのために全加盟店がチーム一丸となってイベントを作り上げ、それぞれにコンセプトを持ってもらうことを徹底し、開催するたびに加盟店、参加者ともに数を増やしてこられました。
 このバルイベントに限らず、どんなお店を創ろうとしているか、そして実際の活動はどうなっているかを比較し、検証することが飲食店にとって大切なのだと川合氏は語られます。

クールにみえてアツい仕掛け人の川合氏


NHKで取り上げられたVTRやスライドを盛り込んでの解説は説得力と分かりやすさ共に抜群!

 講演に引き続き行われたグループワークでもこのキーワードを軸に、企業やお店におけるお悩みや課題に対する考え方のヒントを伝授していただきました。料理や立地、販売促進、従業員教育、店舗のデザイン、そして顧客管理に至るまでそれぞれ現状をしっかり把握し、自店が掲げているコンセプトや理想に近づけるためにはまずなにから始めればいいのか1から見直す必要があるのだそう。たくさん課題があるようでも、一つひとつに向き合い、解決策を見出すことができれば自店に1番ふさわしい販促方法が見つかり、繁盛への第一歩となるのです。


実際にグループワークで使用した内容です。これを元にぜひ一度見直してみてください

         


 ご参加いただいた皆さんは「改めて考えると難しい…」と頭を抱えながらもそれぞれの持つ課題をカテゴリーごとに分解し、グループの中で悩みを打ち明け合ったり、今までに行ってきた販促の成功例や失敗例を話し合われていました。「普段は交流する機会のない方々と話せる場は貴重でした」「まちバルには販促のヒントがたくさん隠されていました」などとアンケートでも好評をいただきました。
 講演を聴くだけでなく話し合いの場を持つことで、より深く理解していただけることを実感し、これからもこういった外食業界が元気になる仕組み作りをご紹介していきたいと思います!


言葉を交わし、悩みを共有し合ううちに段々と皆さんの距離が近づいていきました。新たな出会いの場となれれば幸いです!




Copyright (C)2007-2012 Okayamafoodservice Inc.
All Rights Reserved.

岡山フードサービス
〒558-0011 大阪市住吉区苅田7-3-10
TEL:06-6695-2900 FAX:06-6608-2941