食の総合ディストリビューターを目指す


 外食産業繁盛塾
 
■ 外食産業繁盛塾とは
■ 次回繁盛塾情報
■ 参加お申込はこちら
■ これまでの繁盛塾



211
外食産業
繁盛塾
「売る力を育てるために 自社ブランド確立への道

開催日時  2012年10月17日(水) 8:00〜19:45
場所  三重県 恵那方面 
    @恵那「銀の森」 A中津川「ちこり村」

 今回の繁盛塾は年に1度のバスツアーです。行き先は岐阜県恵那方面にある恵那「銀の森」と中津川「ちこり村」。両社に共通するのは自社ブランドを立ち上げ、新しい試みの元に誕生した施設を持っているということ。商品に体験や文化という付加価値を付けることで、景気に左右されない強い企業へと成長した秘訣を探りに行きました!
 まず向かったのは株式会社 銀しゃり本舗が経営する恵那「銀の森」、スイーツの小売店やレストランなど5つのお店と総合ショップを構える施設です。お天気はあいにくの雨でしたが、平日でも多くの人が訪れるという噂の通り、広くて隅々までこだわりが感じられる素敵な空間が出迎えてくれました。
辺り一面緑に囲まれマイナスイオンたっぷり!思わず足が向いてしまうのも納得です♪


 早速、総合ショップの2階にある会議室で、おせち料理が有名な銀しゃり本舗さんの手がけるお昼ご飯をいただきました。地元のお野菜や魚を丁寧に調理したお弁当に、参加された皆さんも大満足のご様子。デザートの栗きんとんも銀の森の人気ショップの一つ「美栗舎(みくりや)」の自信作という銀の森フルコースです!
待望のお昼ごはんは目も舌も唸らせるものばかり! 皆さん夢中で召し上がっていました

 お腹も満足したところでいよいよこの施設の創設者、株式会社 銀しゃり本舗代表取締役社長 渡邉 大作氏による講演です。
 年末の百貨店で飛ぶように売れるおせち料理の下請けを始めたきっかけは、繁忙期と閑散期の売り上げの差に悩まされていた頃、結婚式場で“冷凍の商品が売れる”という発見をしたことでした。「冷凍食品であっても美味しければそれでいいのよ」というお客様の意見を聞いて、出来たて以上に美味しい冷凍モノを作ることを決意!最小限の機械のみでハイクオリティな商品を提供することを追求し、『電子レンジだけで運営できるレストランを』という裏コンセプトで銀の森の前身、「銀の食卓」をオープンされました。
 そして銀の森開園にあたり、施設は外から見えないような非日常感を演出し、車で30分以上乗って来てもらうことであえて高い価格設定のものに価値を感じていただく狙いを持たせました。
 さらなる売上アップに結び付けるためのこれからの課題は、このゆったりとした空間と、雰囲気を楽しんでいただくだけでなく、1つ1つの商品を認知してもらい、「コレが欲しくて買いに来た」と言ってもらえるような開発をしていくことだと力強く語られました。

優しい微笑みの中にも
自社ブランドへの情熱を滲ませる渡邉氏


 続いてはそんな渡邉氏の熱い想いが詰まった銀の森の5大施設見学です。趣のあるショップの外観と手入れの行き届いた小道はまるで広い公園のよう!


 
 先ほどの昼食にも登場した和菓子のお店「美栗舎」。のれんをくぐるとショーケースの中でキラキラ輝く栗を使った和菓子がずらりと並びます。お菓子を引き立てる店内の落ち着いた雰囲気に、思わずたくさん買い込む方が多く見受けられました!


 洋菓子を扱う「カリテレモン」、ヨーロッパ風の煉瓦調の外観が雰囲気満点!中に入ると彩り豊かなジャムや可愛らしいパッケージの焼き菓子、名物のアップルパイやチーズケーキのいい匂いがいっぱいに広がっていて、とっても幸せな気持ちになります♪
 隣接するキッチンで毎日作られるジャムは新鮮そのもので、果実の旨味がぎゅっと詰まっています。この日も出来たてのジャムを試食させていただき、皆さんお気に入りの味を見つけている様子でした!


    
 昔ながらの台所を思わせる造りが印象的な「竈(おくど)」を訪れ、こだわりの出汁、副菜、そして種類の豊富なごはんのお供を試食させていただきました。シンプルなお出汁そのものをお客さんに試飲させられるのは味に自信があるからこそ!温かみのある店内と懐かしく優しい薫りに皆さん大変癒されていました♪


 「五節會」には5つの節句という意味が込められ「おせちとは何か?」ということを伝えるべく、お正月だけではなく1年中食べていただける場所として、予約販売を承っておられます。
 また奥座敷に和食料理をご提供する「ごせちえ」という食事処があり、和の伝統食をはじめとした板前がつくる一品料理の数々、おせち料理にヒントを得た創作料理、コース料理など「旬」の食材をいただくこともできます。

 最後に4つの施設の集大成として構える総合ショップを見学し、まさしく五感をフルに使って堪能しました!

見学した全てのショップの商品がズラリ!
季節感をしっかり取り入れてお客さんを楽しませています♪



銀の森を後にして次に向かったのは、車で約15分の距離にある中津川「ちこり村」。地産地消のビュッフェが大人気の“バーバーズダイニング”で働く中津川の農家のお母さんたちが明るく出迎えてくれました!
 その名の通り“ちこり”を使った商品ラインナップが豊富で、施設の中は焼酎や創作菓子を求めるお客さんでいっぱい!さらにこちらでは、ちこりができるまでの様子を実際に生産室を覗きながら丁寧な解説をしてくれる見学コースや、ちこり焼酎作りが体験できるのも魅力の1つです。

どどーん!と大きなちこりがお出迎えしてくれます★


軽快かつ親しみやすい口調で
魅力たっぷりに語られる中田氏
 到着して早速、ちこり村の運営元である株式会社 サラダコスモの代表取締役 中田 智洋氏にお話しいただきました。葛竄オゃり本舗の渡邉社長とは切磋琢磨し合える間柄で、ここ1年は周辺の施設を併せて視察に来る私たちのような団体も増えているのだとか。
 サラダコスモは元々もやしなどの水耕栽培を中心とした野菜の生産事業を行っており、6年ほど前にヨーロッパの野菜であるちこりに着手されました。輸入に頼らず日本の食料自給率を上げるとともに、過疎化が深刻な中山間地の畑の活性化を図るため、ちこりの原料となるいも作りをはじめました。60歳以上の元気な団塊世代の雇用を優先とする斬新な手法で、経済の活性化と文化の継承が進められています。
 ちこり本体の年間売り上げは1億円にも関わらず、ちこり村の総売り上げは6億円にもおよぶというから驚き! バーバーズダイニングは11時〜14時のわずか3時間の営業時間で年間1億円も売り上げるのだそう。
 また、野菜で70億円の売り上げを誇る最大の要因は、品質や価格ではなく経営理念=人生観だと中田氏は断言されます。お客様に胸を張って生きていきたい、うしろめたい商売はしたくないという想いから“農薬不使用・無添加にこだわる”と30年間言い続け、実行してこられました。『メッキ人間のススメ』を特に強調され「メッキが剥がれるのは薄いから。何層にも厚くしたメッキは剥がれない。30年間言い続けてきたらメッキは本質になる」という言葉で締めくくられました。

 楽しいお話の後は、ちこり村名物・ちこり生産見学とショップ見学です!ちこりのできるところから、様々な商品に変身した姿まで、ちこりの大きな可能性を知ることができました。
ちこりの魅力を伝えてくれたナビゲーターの井出さんはとてもチャーミング☆
ちこり焼酎をはじめスイーツからご飯と相性バツグンのおかずまで、ちこり村の商品はどれも本格派!

 ちこりをあらゆる角度から探求し、皆さんすっかりちこり通に!最後まで心のこもったおもてなしを受け、岐阜県を後にしました。
 長丁場となりましたが、参加された方々からは「両社長とも熱い野心を持って理想を実現化している」「施設に赴くことで深い学びがありました」などのご意見をいただきました。現場に足を運んで体感することの大切さを改めて感じたバスツアーとなりました♪


恵那 「銀の森」
 銀の森URL:
http://ginnomori.jp/

中津川 「ちこり村」
 ちこり村URL:
http://chicory.saladcosmo.co.jp/



Copyright (C)2007-2012 Okayamafoodservice Inc.
All Rights Reserved.

岡山フードサービス
〒558-0011 大阪市住吉区苅田7-3-10
TEL:06-6695-2900 FAX:06-6608-2941