食の総合ディストリビューターを目指す


 外食産業繁盛塾
 
■ 外食産業繁盛塾とは
■ 次回繁盛塾情報
■ 参加お申込はこちら
■ これまでの繁盛塾



214
外食産業
繁盛塾
業界を変えた企業に学ぶ 強い人材と組織の作り方

開催日時  2013年2月20日(水) 13:00〜16:00
場所  ドーンセンター 7階ホール


 今回はパチンコ業界のパイオニア的存在・株式会社 マルハンの代表取締役社長 韓 裕 氏を講師に迎え、業界を超えた「チーム力」「人材力」についてご講演いただきました。「なぜ外食産業繁盛塾にパチンコのマルハンなのか?」と疑問に思われた方も多かったかもしれませんが、マイナスイメージが根強いパチンコ業界において「人」で成功したマルハンは、「接客」という共通点で外食業界と強く結びついているのです。

今回は年に1度の特別企画!ドーンセンターにて大々的に開催いたしました★

 颯爽と登壇された韓氏
キリッとした佇まいは圧巻です!
 潟}ルハンは43都道府県にパチンコ店を285店舗、ボウリング・ゲームセンターなどのアミューズメント施設を13店舗、そしてパチンコ店などに併設された飲食店を8業態・550店舗運営されています。
 韓氏が入社した当時はまだ「お客様をもてなす」という感覚のなかったパチンコ業界。マルハンも例外ではなく、店舗の増設に躍起になっていたそう。そんな環境に対し、韓氏は「パチンコ業をサービス業に」という理想を実践するためのモデル店を作りました。共感力のない状態では改革を行おうとも組織は動かない、ならばと新たなビジョンに共感できる人だけの組織をつくろうと、採用活動から地道にスタートされたのです。「どの業界にも負けない、最高のサービスを提供している」と感じながら働いてもらうため、韓氏は採用した1人1人に「働くことは生き方そのもの」なのだと直接伝え、マルハンでの未来を描かせます。

 また、リーダーの独裁にならないよう、全社員で何度も議論を重ねてつくられた理念(マルハンイズム)は、“お客様へ提供したい価値”や“未来へのビジョン”など他の会社の理念に比べて随分と具体的で、親しみやすい言葉が並びます。「共感参加型組織」としてマルハンで働く人全員を巻き込む姿勢は、スタッフのモチベーションの高さにも結びついていて、業界を超えた企業のモチベーション調査において1200社中95位、従業員が1万人を超える企業の中では1位という結果に輝かれました。

背中からもオーラと威厳が!
韓氏の成し遂げられた改革の凄みが伝わります


 それは次のような、マルハンイズムの精神を忘れない工夫があるからなのです!

 

 

 


 イズム主義経営は前例のないもので、失敗も多く経験されたそうですが、「常にその先には世界に通用するマルハンがあると確信していた」と語る韓氏。「自分たちの仕事に誇りを持ってほしい、誇れる仕事をしたい」という思いから「誰かがこの業界を変えなきゃいけない」という使命感で改革を成し遂げられました。“人のマルハン”を貫くため、大企業となった今でも「パチンコ業をサービス業に」という原点を守り、磨かれているのです。
 堂々と胸を張り、真っ直ぐ前を見て話される韓氏の言葉ひとつひとつは、ご来場いただいた皆さんの胸に響いたに違いありません。

異業態の私たちにも伝わるよう
丁寧にお話しくださいました


 引き続き行われたパネルディスカッションでは、褐o済界の西日本支社長 世田徹氏と岡山フードサービス且ミ長・岡山も交え、韓氏の生い立ちや人となりについて迫りました。
 高校時代、甲子園に出場された韓氏は、そのご経験から強い忍耐力を養われたそうです。強豪チームに所属されていたため、そこはまさに弱肉強食の世界。「何としてでも甲子園に出場したい」「ライバルに負けたくない」という強い信念でレギュラーを勝ち取った韓氏は、「思い描いた夢を実現する」というマルハンの芯となる精神を培われました。
 また他店との差別化について話が及ぶと、「安く遊べる」ことに価値を見出し価格競争をするのではなく、パチンコの片手間に食べる食事や飲み物など1つ1つを丁寧に見直すなど、サービス面から価値を高め集客に繋げていく戦略をとるのだと語られました。
 今や私たち外食業界の競争相手は同業者だけでなく、優れたサービスを提供している異業種にまで及ぶのですね。


雑誌・経済界で有名な褐o済界の世田氏(右)
弊社と潟}ルハンのご縁を結んでくださいました

韓氏のいちファンとして
興奮気味のコーディネーター・岡山

 韓氏が語るサービスへの強い思いに、会場中はひと時も聞き逃せない真剣な空気に包まれていました。アンケートにも「韓氏の言葉には付いていきたいと感じさせる力がある」「リーダーとしてあるべき姿を示してもらった」などの賞賛のご意見をたくさんいただきました。「お客様にご満足いただきたい」という共通の願いは、業界の垣根を超えることを実感した繁盛塾となりました。

株式会社 マルハン
マルハンURL:http://www.maruhan.co.jp/




Copyright (C)2007-2013 Okayamafoodservice Inc.
All Rights Reserved.

岡山フードサービス
〒558-0011 大阪市住吉区苅田7-3-10
TEL:06-6695-2900 FAX:06-6608-2941