食の総合ディストリビューターを目指す


 外食産業繁盛塾
 
■ 外食産業繁盛塾とは
■ 次回繁盛塾情報
■ 参加お申込はこちら
■ これまでの繁盛塾



259
外食産業
繁盛塾
イイネの嵐で大繁盛!? 最旬キーワードを学ぶ」

開催日時  2017年9月20日(水) 12:00〜15:00
場 所  岡山フードサービス梶@第3流通センター 3F


  今回は「フォトジェニックなメニューの提案会」がテーマ。SNSで注目を集め、話題を呼んでいる人気料理のポイントや、お客様の心を掴む魅力的なメニュー作りの秘訣に迫りました。
 はじめに、一日平均7万PVというアクセス数を誇る大人気グルメブログ「Mのランチ」の著者 M三郎こと松村輝幸氏にご登壇いただき、長年の食べ歩きとブログ&SNSへの投稿から見出した外食業界のトレンドや、お客様の心をくすぐるメニュー作りの秘訣についてお話しいただきました。
 松村氏は、SNSは多くの人に瞬時に情報を伝達できる“現代版のクチコミ”だと言います。お客様が投稿した魅力的な料理写真が話題を呼び、情報が拡散することで客足が増加したというお店も多数存在するのだとか。数あるSNSの中でも特にインスタグラムは料理の写真や動画の投稿が多く、「インスタ映え」という言葉も生まれるほど盛り上がりを見せているそうです。

26年間欠かさず自身の昼食をブログに投稿し続けている松村氏
 “イイネ”の数や“再生回数”が多い投稿からトレンドを読み取っているという松村氏からSNSで注目を浴びているメニューの共通点を教えていただきました。 


 レア感のあるお肉とウニをふんだんに盛り付けたシズル感たっぷりの「うにく」や、器の周りをローストビーフでぐるりと囲んだインパクト抜群の「ローストビーフカルボナーラ」など、フォトジェニックなメニューのキーワードと一緒にご紹介いただいた事例の数々に、参加者の皆さんは驚いた様子で聞き入っておられました。  
SNSを用いた宣伝の利便性について
スライドを用いて丁寧に解説いただきました


インパクト抜群のメニューに会場の皆さんは興味津々!
 自店の認知度UPや来店のきっかけ作りとして活用できるSNSのノウハウをお教えいただいた講演の締めくくりとして、松村氏は「お客様に選ばれ続け、リピーターを増やしていくためには、メニューの見た目や味の美味しさはもちろんですが、何よりお客様の目線に立ち、真心を込めて接客することが重要です。」と熱く語られました。

 続いて、弊社取締役商品本部長の谷アより、今回ご提案する「肉屋が魅せるフォトジェ肉(ニック)メニュー」の解説をさせていただきました。
 谷アは、消費者がメニューの付加価値を決めるポイントには、五感に訴える
「体」、知性に訴える「頭」、感情に訴える「心」の3つの要素があり、それらを刺激するには「素材」「調理」「サービス」それぞれの角度からアプローチをすることが必要だと言います。

付加価値の高め方について
語る谷ア


 弊社が運営するレストラン「ロマン亭」の実際のメニューを例に挙げ、ステーキ丼のご飯をあえて斜めに盛ることで、座った状態でも真上から見たような写真を撮ることができる工夫や、食べている途中でもきれいな見た目が保てるように肉の向きや重ね方について研究した様子を、写真を交えて紹介させていただきました。

 その後、今回の提案メニュー7品を立食ビュッフェスタイルにてご試食いただきました!
 

 
弊社の第3流通センターのテストキッチンとバンケットを使用しての試食会。
フォトジェニックな提案メニューを目と舌で体験していただきました!

 今回の提案メニューの盛り付けサンプルコーナーを設け、松村氏から魅力的な料理写真を撮るコツを教えていただいたり、お客様の目の前で最後の仕上げをするメニューの実演を行うなど、参加者の皆さんにもカメラを構えていただく機会を作りました。フォトジェニックな料理や魅せ方について実際に体感していただけたのではないかと思います。

 
サンプルコーナーでは松村氏が直々に料理写真の撮り方を伝授。多くの方が料理にカメラを向ける姿が印象的でした!

 ご参加いただいた皆さんからは「フォトジェニックなメニューの共通点はすぐにでも取り入れたい!」「SNSを活用する上での改善点が見つかりました」「写真撮影のコツが参考になりました!」など、嬉しいお声を多数いただきました。
 メニューを魅力的に見せる演出力や表現力を、より具体的に学ぶことができた繁盛塾でした。



Mのランチ
 公式URL:
http://emunoranchi.com/




Copyright (C)2007-2016 Okayamafoodservice Inc.
All Rights Reserved.

岡山フードサービス
〒558-0011 大阪市住吉区苅田7-3-10
TEL:06-6695-2900 FAX:06-6608-2941