岡山フードサービス株式会社

薩摩茶美豚(さつまちゃーみーとん)

薩摩茶美豚(さつまちゃーみーとん)

薩摩茶美豚とは

緑茶に含まれている、身体を健康に保つ作用がある成分「カテキン」やトウモロコシ、サツマイモ、大麦等が入った飼料を与えて肥育されている鹿児島発祥のブランド豚です。自然に近い環境でストレスなく育てているため、上質な赤身とクセのない脂、深い味わいを兼ね備えています。旨味成分のイノシン酸を多く含んでいるので、確かな旨味を感じることができる豚肉です。

血統 ~Bloodline~

純粋種豚のランドレースの雌と大ヨークシャーの雄を掛け合わせて生まれた雌豚と、肉質の良いデュロックの雄から生まれたのが薩摩茶美豚。3つの豚を掛け合わせることによりそれぞれの良い点を受け継いでいます。

一貫生産 ~Integrated production~

当社で取り扱う茶美豚は主に、鹿児島県南大隅町にある専用の子豚供給センターで産まれ、生後約80日間を過ごします。子豚は菌に対する抵抗力が弱いため、豚舎の温度・湿度を厳重に管理しているだけでなく、施設に立入る車両のタイヤや靴の殺菌、人が入退出する際のシャワーの義務化や、着衣を下着まで専用のものに着替えるなど、菌の持ち込み・持ち出しを防ぐための対策を徹底しています。

ここで元気に育った茶美豚の子豚は錦江町にある主力生産者の桜農場へ運ばれ、約18週間肥育されます。体重 約120kgまで育ったところで、鹿屋市にある食肉処理場へ出荷・加工され、大阪の流通センターへと届けられます。

肥育環境 ~Fattening environment~

桜農場では、デリケートな豚が元気に育つように、おがくずに自家製培養の土着菌や木炭、水、塩などを混ぜ込んで自然環境の状態に近付けた「発酵床」を導入しています。発酵床には糞尿を分解する作用があるため、臭いによるストレスがなく衛生的です。また、発酵床を踏込むことで豚の運動量が増加し、美味しい肉になります。

加工品① ウインナー

茶美豚ウインナー(生タイプ)

【冷凍流通/非加熱】
 合成保存料、着色料、防腐剤無添加
 茶美豚を100%使用した荒挽きタイプ

茶美豚ウインナー(スモークタイプ)

【チルド流通】
 茶美豚を100%使用した荒挽きタイプ
 スモークならではのパリッとした歯ごたえが特徴
 その他チョリソーやチーズ入り、フランクなど12種類を取り揃えています

加工品② ベーコン

茶美豚乾塩ベーコンブロック

茶美豚のバラ肉を100%使用し、昔ながらの「乾塩法」で仕上げました。
塩を直接肉にすり込み約2週間の熟成期間でゆっくりと肉の旨味を引き出し、桜チップで燻製にして作り上げました。
完全な手作りで仕上げたこだわりのベーコンです。

加工品③ ローストポーク

茶美豚ロースを使用したローストポークです。
味付けは塩コショウのみでシンプルにしっとりと仕上げました。
薄くスライスしてオードブルや一品にお使いいただくのはもちろん、厚めにカットしてグリルやソテーにしても美味しく召し上がっていただけます。

商品の詳細につきましては
担当営業までお気軽にお問合せください。

メールでのお問い合わせ

メールフォームはこちら

電話でのお問い合わせ

06-6695-2900
TOP