食の総合ディストリビューターを目指す


 商品紹介
 


 

 サツマイモとお茶の成分カテキン、そして愛情をたっぷり食べてのびのび育った鹿児島発祥の豚。上質な赤身クセのない脂深い味わいを兼ね備えた茶美豚を弊社は自信を持ってお届けしています!
 
 
 純粋種豚のランドレースの雌大ヨークシャーの雄を掛け合わせて生まれた雌豚と、肉質の良いデュロックの雄から生まれたのが薩摩茶美豚。3つの豚を掛け合わせることによりそれぞれの良い点を受け継いでいるのです。

 
 トウモロコシなどをベースにした飼料に、緑茶に含まれる成分「カテキン」サツマイモを加えた特製のエサを与えて肥育しています。
 
※生産ルートの一例です
 岡山フードサービスで取り扱う茶美豚の多くは鹿児島県南大隅町にある専用の子豚供給センターで産まれます。ここで元気に育った茶美豚の子豚は錦江町にある主力生産者の桜農場へ運ばれます。
 大切に育てられた豚たちは、厳しい衛生管理のもと鹿屋市にある食肉処理場で加工され岡山フードサービスへと出荷されます。
 ここではそんな主力生産者さんの丁寧なお仕事ぶりをご紹介します!
 鹿児島県佐多岬・・・そこは錦江湾を挟んで、向かいの半島『開聞岳』まで一望できる、九州の最南端。潮風を受けてもなお悠然と建つ「佐多子豚供給センター」で、茶美豚の子豚は生まれます。お母さんのお乳を飲んで、すくすくと子豚期を過ごします。
 子豚は菌に対する抵抗が弱いので、湿度と温度をシビアに管理し、菌を持ち込まないようにしています。
 なので施設内に入る時は誰であろうと、入り口前にある風呂に必ず入り、全身を洗ってから専用の服装に着替えます。また施設内の清掃も徹底されています。こうして菌の持ち込みを予防しているのです。
 他にも湿度・温度管理機能、自家発電機能などが備わっており、子豚が病気にならないように配慮された環境で、生後約80日間育てられています。大きくなって病気への抵抗力がある程度付いてくると、いよいよ肥育農家に引越しです!

綺麗なお部屋で快適だブー♪

 佐多子豚供給センターから約20q離れた主力生産者の「桜農場」では、豚が元気に育つように、自然に近い、ストレスのない環境で肥育しています。自家製培養の土着菌を自然発酵させ、環境にも優しい衛生的で臭いのしない踏込み式の床を導入。発酵床を踏んで運動量が多くなり、美味しい肉になるのです。
主力生産者の桜井さん
いつもありがとうございます!

 桜農場で約18週間過ごし120s近くまで育ったところで、ようやく専用の加工場へと出荷されます。丹精こめて育てたおいしい豚を台無しにしないように、加工場もきちんと衛生管理や温度管理がなされています。加工されたお肉は毎日出荷され、岡山フードサービスへと届けられます。
 こうして、たくさんのこだわりが詰まった茶美豚が、皆さんの手元へ辿り着くのです。

 茶美豚の魅力は、お肉を食べ比べるとよくわかります。赤身はしっとりやわらかく脂は甘く臭みがありません
 旨味成分のイノシン酸を多く含んでいるから、一口食べればお口いっぱいに旨味を感じられる豚肉です。
 その美味しさをぎゅっと詰め込んだ加工品も弊社のロングセラー商品です!
 
 ★その他チョリソーやチーズ入り、またフランクなど約15種を取り揃えております!
 
 ★茶美豚湿塩ベーコンが新商品として仲間入りしました!
商品についての詳細は担当営業までお気軽にお問い合わせください。




Copyright (C)2007 Okayamafoodservice Inc.
All Rights Reserved.
岡山フードサービス
〒558-0011 大阪市住吉区苅田7-3-10
TEL:06-6695-2900 FAX:06-6608-2941